ラジアル耐久規則

【参加車輌】

MAZE4輪共通安全規定に準じた車両であること

その他
(1)車両登録時のナンバーが3,5,7であること。ただし、主催者が車検において危険とみなした車両

  は出走を認めない。

(2)レンタカー(わナンバー)での参加は認められない。

(3)車検およびナンバーの有無は問わない。

【改造範囲】

E−1、C−2を適用する。

(1)エンジン

 主催者は特別規則書に「エンジンの改造範囲」について、および各クラスが下記規則のE-1またはE-2の

 どちらを 採用しているかを明記しなければならない。

E-1

 主催者が特別規則により制限する箇所以外の改造は自由。

E-2

 主催者が特別規則により認められている箇所以外は改造できない.

(2)シャーシ

 主催者は特別規則書に「シャーシの改造範囲」について、各クラスが下記規則のC-1またはC-2のどちら

 かを採用しているかを明記しなければならない。

C-1

 モノコックの改造は自由。ただし、車体を構成するパーツは簡単に脱落する恐れのない確実な方法で取り付けられていること。

C-2

 モノコックの改造は認めない。ただし、エアロパーツなどモノコックを加工することなく取り付けできる

 パーツについては認められるが、取り付けは容易に脱落する恐れのない、確実かつ安全な方法であるこ

 と。

(3)それ以外の改造

下記パーツについては、特別規則書に規定されない限り自由。

 ・クラッチおよびミッション ・デファレンシャル

 ・サスペンション  ・ブレーキ

(4)上記の規則で規定されてない部分の改造については、特別規則書に準じること。

(5)車両規定については主催者の指名した競技長の判断をもって最終決定とする。

【参加資格】

(1)4時間以上の耐久レースは、1チームにつき、2名以上のドライバーを用意し、うち1名はサンデー

 レースに過去3戦以上参加した経験がなければならない。

【決勝レース】

(1)決勝レースは第1戦 4時間  第2戦 4時間とする。

【ピット作業】

(1)作業を行う場合(給油作業を含む)、5分間の停止を義務付ける。ドライバー交代時に許される作業

 は、ホイールナットの増し締め、ガラス拭きのみとし、運転席以外のドアー(バックドアー、トランク

 等)を開けた場合や、ジャッキを使用した場合は作業とみなされる。

【給油】

(1)給油作業中は、ガソリン火災に有効な3kg以上の消火器を常に使用できる状態で持った消化要員を

 給油作業者の横に配置し、万が一の火災発生に備えること 。消火器は各チーム1本以上用意しなければ

 ならない。

(2)1回の給油は、20リットルまでする。(携行缶1つ)

(3)給油時は4輪が水平の状態で給油すること。

【燃料タンクの変更及び改造に伴うハンディキャップ】

(1)サンデーレースシリーズ統一規則書に準じて燃料タンクの変更または改造を施している場合は、その

 容量を問わず5分間のスタート延期とする。また燃料タンクの最大容量はコレクタータンクを含み80

 リットルまでとする。